ダイニングテーブルの選び方

一人が食事をするのに必要なスペースは約:W60×D40(cm)
と言われており、このサイズを基本としてテーブルの大きさを
計算していきます。

3〜4人掛けのダイニングテーブルを選ぶ場合、単純計算では、
W120×D40(cm)となりますので、最低でもこれ以上のサイズ
を選ぶのが理想となります。一般的にマンションやアパートな
ど集合住宅でスペースが限られている場合はW130×D90(cm)
程度の物を、一軒家などの場合はW140〜150×D90(cm)程度
の物が窮屈にならない理想のサイズとなります。

6人掛けテーブルには2タイプありますので、お部屋のスペース
に合わせてピッタリな物を選びましょう。
横幅があまり取れないお部屋の場合は、両サイドに人が座るタ
イプでW160〜180×D100(cm)程度と比較的奥行のあるアイ
テムを選びます。逆に横幅に余裕がおある場合は3人×3人の横
並びタイプでW180〜200×D95(cm)程度のアイテムが理想と
なります。

スクエアタイプではなく、円卓の場合は計算が比較的簡単です、
一人のスペースが比較的広く取れ、隣同士が窮屈になる事があ
りませんので、サイズのみ間違えなければどんなデザインでも
選ぶ事が出来ます。

座卓(ちゃぶ台)・テーブルの共通サイズとなっていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

ここまでは基本的なテーブルサイズの選び方を書きましたが、
次にテーブルのデザインやダイニングチェの形状によってサイ
ズアップが必要なケースを考えていきましょう。

セレクトショップなどでは多種多様のデザインが売られており、
脚が内側に設計されているアイテムも沢山あります。
この場合は必然的に隣との距離が狭くなってしまいすので、上
記のサイズより+10〜20(cm)のサイズアップが必要です。
その他、肘掛のあるダイニングチェアをテーブルに合わせる場
合にも+10〜20(cm)のサイズアップが必要となります。

仮に脚が内側にあるテーブルに肘掛のあるチェアを合わせた場
合には+20〜40(cm)ものサイズアップが必要ですので、
生活をする為の十分なスペースが取れなくなってしまう場合が
あります。そうならない為にもお部屋に合ったデザインとサイ
ズを選ぶ事が大切です。

▲このページのトップに戻る

デスクとチェアの選び方

パソコンデスクやライティングデスクとそれに合わせたチェア
を購入する際、選び方は大きく分けて下記の3パターンです。

  • テーブルとデスクをセットで購入する
  • 現在お持ちのチェアに合うデスクを購入する
  • 現在お持ちのデスクに合うチェアを購入する

デスクとチェアをセットで選ぶ場合は、人間工学を使った計算
式でピッタリの高さを求める事が出来ます。

  • 理想のデスク【A】=身長×0.25-1+身長×0.183-1
  • 理想のチェア【B】=身長×0.25-1

お気に入りの家具に合わせてどちらか一方を買う場合はチェア
の座面とテーブルとの高差【C】を約30(cm)に合わせる
のが理想とされています。

▲このページのトップに戻る

センターテーブルの選び方

リビングスペースで軽い食事やティータイム、書き物など何か
と利用頻度か高いのがセンターテーブルです。ソファと合わせ
る場合の選ぶ基準は簡単です。

  • テーブルの高さ=ソファの座面の高さ
  • テーブルの横幅=ソファの座面の横幅

奥行きは用途に合わせて選んで良いと思いますが、基本的には
上記のような基準が使いやすいと言われています。
ソファで食事をする場合は、+10〜15(cm)程度、高めが
理想のサイズです。

▲このページのトップに戻る